訓練や体感のためにも使われるVR技術

VRといえば、まるで目の前で展開するかのようなリアルなゲームで知られています。
グラフィックスの技術進化も著しく、ゴーグルをつけるだけでまるで現実かのような世界を体験することが可能になります。
そんなVR技術が使われているのはゲームだけではありません。
訓練や安全対策のためにも使われています。
例えば高所の建築現場のトレーニングです。
足場の上で周囲がどう見えるか、どう動けば安全かなどを体感し、現場でのリスクを減らすことが目的になっています。
また、電車の車両基地作業のシミュレーションもあります。
これも危険が伴う業務で、車両基地内でどのように安全確認をすべきかを体感できます。
あとは医療の分野でもVR技術は活躍しているようです。
手術のシミュレーションはもちろん、精神疾患の擬似体験をして治療者の理解を深めたり、幻肢痛の治療にも応用されています。
さらに、小児医療で子どもの恐れを緩和させるためにも用いられるなど幅広いです。

vr 住宅
大成功間違いなしの新住宅VRプレゼンをしましょう

最新記事