VRについて知っておきたいこと

VRという言葉を聞いたことがある人は多いかもしれませんが、これはいったいどういう意味なのでしょうか。
これはVirtual Realityという言葉の頭文字に由来しており、コンピューターで作られた世界を実際に体験しているかのような感覚が楽しめる技術のことです。
主にこの技術はゲームや映像といったエンターテインメント産業で使用されており、ゴーグルを着用して仮想空間を楽しんでいる人の姿を見たことがあるのではないでしょうか。
アミューズメントパークなどではゴーグルを着用して乗り物に乗り、映像に合わせた動きが楽しめるアトラクションが用意されているところもあります。
VRが普及しているのはエンターテインメントの分野だけではありません。
医療の分野でも利用されており、新米医師が手術のトレーニングを行う時に活用したり、発達障害児に疑似体験をさせるときなどに役立っています。
この他にも介護やスポーツの分野でも利用されています。